Modelers Bench

カテゴリ:Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G( 11 )

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_156543.jpg

f0193485_20524375.jpg
f0193485_20525559.jpg

制作記
1.組み立て
2.土嚢作製(1)
3.土嚢作製(2)
4.布類、ネット作製
5.組み立て完成
6.車体塗装
7.車体汚し
8.土嚢塗装
10.フィギュア塗装
11.フィギュアフィッティング
12.完成
[PR]
by modelersbench | 2009-04-25 15:44 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_2033538.jpg

細かな部分も塗り終え、目も入れた状態。
f0193485_20333553.jpg

各所にフィギュアを配置。
[PR]
by modelersbench | 2009-02-15 20:36 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_2259349.jpg

フィギュアの製作
既に完成しているのですが途中経過
一通り塗り終えた状態。この後、細かい影や目など細部を描きこんだ。
車体を塗装した際に光の当たり所を考慮し、それぞれの面の色を変化させたように
基本色、ハイライトそれぞれ色を作り塗り分けていく。
影の部分もすべてスミ入れで済ませず、基本色をベースとして影色を作り明暗をしっかり書き込む。
縫い目や襟などの奥まった部分のみ油彩でスミ入れ。

ターナーアクリル
グレイッシュグリーン
グレイッシュベージュ

ファレホ
004 オフホワイト
085 ジャーマンユ二フォーム
102 ジャーマンフィールドグレイ
110 デッキタン
017 ベーシックスキントーン
018 フラットフレッシュ
036 ベージュレッド
134 USAタンアース


f0193485_22461944.jpg
f0193485_22462580.jpg
f0193485_22471065.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-02-08 22:58 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_10125094.jpg

土嚢の塗装
ガイアカラー  ゲルプブラウン
タミヤアクリル ミディアムグレイ
         デッキタン
ファレホ     デッキタン110
油彩       ローアンバー

履帯の塗装
Mr.カラー マホガニー+ブラック
油彩 セピア
パステル
鉛筆

砂漠のイメージから砂塵を被ったような粒子感を出していきたいところだが、わざとらしくならないよう
自然と砂が堆積した感じを心がける。 
塗装後、土嚢と補助装甲となる履帯を配置。

f0193485_1013942.jpg
f0193485_10162945.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-01-24 10:44 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_12301929.jpg

デカールはBISONDECALSからDAK4号戦車215号車を選択。
f0193485_12321781.jpg

明度の高い車体色を保つため必要な箇所にのみスミ入れを行い、いわゆるウォッシングは行わない。
基本塗装を所々はがし、下地のジャーマングレーを覗かせた。
車体色のトーンが落ちないよう注意を払いつつ、油彩やパステル等を使用し汚しや細かいキズを入れた。
f0193485_12332328.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-01-10 13:03 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_21364383.jpg

ゲルプブラウンとグラウグリュンの2色迷彩とし、光の当たり具合によっては
迷彩かどうかわからない位の色合いで調整した。
f0193485_2211764.jpg

f0193485_21365522.jpg

下地としてドゥンケルグラウで塗装した後、基本色としてガイアカラーのアフリカ軍団
セット等から混色し比較検討。
グラウグリュンはRALカラーよりもグリーンを強めに混色。
今回はアフリカの強い日差しをイメージしていつもより明るめの調色で落ち着いた。
[PR]
by modelersbench | 2009-01-07 21:50 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_21214099.jpg
f0193485_21221550.jpg

[PR]
by modelersbench | 2008-12-26 21:31 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_2118623.jpg

f0193485_20585655.jpg

布類はボンドとジェッソを水で溶いたものをティッシュに含ませ形を作った。
乾燥させたあと表面のざらつきが目立つ場合は、ジェッソを上塗りし滑らかにする。

偽装用ネットはビニールネットから切り出し、加熱して柔らかくなったところで形を作る。
形状が決定した後、所々接着剤を流し込み完全に固定する。
塗装の剥げと透け防止にサフェーサーで下地を作っておく。
[PR]
by modelersbench | 2008-12-26 21:20 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_12303531.jpg

発炎筒ラックを取り外し、真鍮板で作製したジェリカンラックに変更。
f0193485_12302082.jpg

土嚢作製2
袋が破けたようにパテで造形し、硬化後溶きパテで表面のテクスチャをつける。
[PR]
by modelersbench | 2008-12-21 12:38 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

土嚢作製
f0193485_20474694.jpg

エポキシパテをよく混ぜ1cm程の玉を作り、車体の配置したい箇所に貼り付ける。
全体的に形を整えた後、ケガキ針でシワやたるみをつけていく。
f0193485_2172786.jpg

袋の口は束ねたように見せるためすぼめておく。
皺を再現し袋の縫い目をつける。袋の中身の形状と量を意識しながら、それに伴う布のドレープ感を表現するのがポイント。
f0193485_21245691.jpg

車体の各所に配置するため複数個作製しておく。
[PR]
by modelersbench | 2008-12-19 21:15 | Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G