Modelers Bench

カテゴリ:15cm s.IG.33 (Sf) au( 18 )

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B  s.I.G.kp.704,5.Pz.Div. Russia 1943

f0193485_20175729.jpg
f0193485_20182246.jpg
f0193485_20183139.jpg

制作記
1.インテリア塗装
2.組み立て(1)
3.組み立て(2)
4.車体塗装
5.泥汚し、履帯作製
6.排気管、砲弾ケース塗装
7.冬季迷彩
8.s.IG.33完成(1)
9.s.IG.33完成(2)
10.装甲板、OVM塗装
11.15cm重歩兵砲s.IG.33+車体
12.車輌完成(1)
13.車輌完成(2)
14.車輌+フィギュア完成
15.ベース作製
16.ベース完成
17.完成(1)
18.完成(2)
[PR]
by modelersbench | 2009-11-12 20:18 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B  s.I.G.kp.704,5.Pz.Div. Russia 1943

f0193485_11251537.jpg
f0193485_11252897.jpg
f0193485_1138535.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-11-07 11:39 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

s.I.G.kp.704,5.Pz.Div. Russia 1943

追記
f0193485_20262672.jpg

情景に合わせて青い草には草露を置き草の新鮮さを強調する。
f0193485_20263235.jpg
f0193485_20263722.jpg

春の訪れを感じさせる要素として、雪の間から新芽をのぞかせる。
f0193485_20191134.jpg

季節の移り変わりを表現する為、まばらに残雪を置いた。
f0193485_20205318.jpg

f0193485_2021452.jpg

瞬間接着剤の白化を利用して霜を張った。キラキラした輝きが出るようにその上からパールホワイトを薄く噴きつけた。
[PR]
by modelersbench | 2009-10-28 20:47 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

s.I.G.kp.704,5.Pz.Div. Russia 1943

f0193485_2081190.jpg

展示用のベースを作製
雪解けで湿った土も乾きつつ、新芽が出始めている地面を再現する。
土台全面にマスキングテープを貼り付け、楕円型にくりぬいた部分をベースとする。
木粉粘土を基礎とした上で、グロスポリマーメディウム+ナチュラルサンド+アクリル絵の具+小石やタバコ葉
などの練り合わせを塗りつけて造形した。
今回使用したグロスポリマーメディウムは艶出し効果のあるメディウムで、湿った土を再現するのに適している。
草はフィールドグラスやドライフラワーから、自然に見えるよう配置に気をつけながら植え込む。
冬を乗り越えた枯れ草は、若干つぶし気味にしてくたびれた表情を出した。
一方新しく生えた草は直立させるように植え込み、色も青々しくさせ枯れ草との違いを明確に表現した。
f0193485_2083399.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-10-27 21:18 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B  s.I.G.kp.704,5.Pz.Div. Russia 1943

f0193485_142904.jpg
f0193485_1429781.jpg
f0193485_14291952.jpg
f0193485_14305828.jpg

f0193485_1433654.jpg

f0193485_14313059.jpg
f0193485_14313711.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-10-12 14:33 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B

f0193485_1120252.jpg

f0193485_11134761.jpg
f0193485_1113569.jpg
f0193485_1114222.jpg
f0193485_11141071.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-08-14 11:15 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B

f0193485_21585610.jpg

装甲板を立てかけ、スコップと履帯を添えて完成。
f0193485_21591788.jpg
f0193485_21592684.jpg

フィギュアはドラゴン 6190 FROZEN BATTLEGROUND (MOSCOW 1941)から流用し仮配置。
東部戦線での4兵士の組合わせだが、ポーズやコートの表情が良い。
多少シワやモールドなどにぬるい部分が見られるので、彫り直したり、パテで作り直す。
[PR]
by modelersbench | 2009-08-13 22:35 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B

f0193485_20501886.jpg

15cm重歩兵砲 s.IG.33を車体上部に設置。
f0193485_20321383.jpg
f0193485_20391683.jpg

手元に程よい大きさのものがなく、保留にしておいたエッチングクランプが入手できたので取り付けた。
voyager 独車両用クランプセット 
クランプが初期、後期型と2種類、大きさもそれぞれ3種類入っていて使い分けできる。
f0193485_20395515.jpg

鎖栓を解放状態にするため、接着してしまったレバーを削り落として、エッチングで作り直したレバーを
解放位置で固定した。このあたり、もう少しディティールアップ出来そうだが、今回は省略する。
[PR]
by modelersbench | 2009-08-06 21:23 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B

f0193485_204793.jpg

装甲板は、マーキング部のテープを剥がし、最後の調整として錆や汚れ、細かな傷などを入れて終了。
f0193485_20284547.jpg
f0193485_20285964.jpg

f0193485_20301134.jpg

前フェンダーはぶつけた際のヘコミを付け、ボロボロの鉄板のようなイメージで塗装。
わずかに残った冬季迷彩が良いアクセントになった。
f0193485_20301765.jpg

f0193485_20305236.jpg

車体に添える為のショベルと予備履帯を作製。
f0193485_2031075.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-07-30 21:30 | 15cm s.IG.33 (Sf) au

15cm s.IG.33 (Sf) auf Pz.Kpfw.1 Ausf.B

f0193485_19441610.jpg
f0193485_19442883.jpg

[PR]
by modelersbench | 2009-07-27 19:45 | 15cm s.IG.33 (Sf) au