Modelers Bench

カテゴリ:ドイツ軍ジェリカン( 2 )

ドイツ軍20Lジェリカン

追記
f0193485_19465784.jpg

キャップ開状態
f0193485_194733.jpg

開口状態のキャップが再現できるようになったおかげで、今まではフィギュアに持たせたり戦車などに添えるだけ
だったジェリカンも、水を汲んだり倒れて燃料がこぼれ出ている状態などを忠実に再現できるようになった。
f0193485_208480.jpg

国防軍 初期型
f0193485_208151.jpg

国防軍 燃料用
f0193485_208218.jpg

国防軍 水用
f0193485_22225684.jpg


Great Wall Hobby
L3514 GERMAN WWII 20L JERRYCANS
f0193485_2226487.jpg

Great Wall Hobbyより発売されたジェリカンを作製。
基本的には他社の製品と同様、間にエッチングを挟みこむ構造で国防軍、親衛隊、初期型とあらかじめ5個連結された
状態の物も入っており、一通りのバリエーションが網羅されている。常備しておけば幅広く活躍してくれそうだ。
他社の製品と違うポイントとしては、キャップ部までがエッチングで組めるようになっている。さすがに苦労して組むだけの
効果はあり十分解像度を高めてくれる。特にクローズアップされやすいフィギュアなどへ添える場合は効果的だろう。
ただし、一つ一つが極小なうえ5パーツ構成という性格上、エッチングクランプを組み立てるよりも難しいので慣れない方は
注意が必要。インジェクションのキャップも入っているので、そちらを使用することをおすすめしたい。
インジェクションの方は、一部を削り取ってPE2のみ使用しても良いかもしれない。
f0193485_2223925.jpg

f0193485_22232714.jpg

f0193485_20133236.jpg

[PR]
by modelersbench | 2010-01-17 22:30 | ドイツ軍ジェリカン

Pz.Kpfw.IV Ausf.F2(G) 21.Pz.Div. El Alamein

f0193485_20391372.jpg

ジェリカンの作製
タミヤのジェリカンは補強リブが無いため、0.2mm銅線を巻きつけて再現する。
今回巻き始めはハンドルで目立たなくなる部分から巻いているが
立てて置くならば底から巻き始めてもよいでしょう。
銅線を接着剤の点付けで固定していきながら巻きをえた後、ハンドルとキャップを接着。
接着剤はつけすぎると溝が埋まってしまうので注意。
f0193485_20392010.jpg

タミヤ タスカ ドラゴン

タミヤは初期のジェリカンもパーツ化されており幅広く使用できる。リブはスケール的に省略してしまっても全く問題は無いが、
再現してやれば拡大しても十分見られるレベルになる。
タスカは全体的な形状がかなりカッチリした印象。キャップの再現度も高い。
ドラゴンはモールドのキレは良いが全体的に大振りな感じで、模型的な記号としてはわかりやすいが
スケール的にやや大げさな印象はある。
特にフィギュアと並べると目立ちやすいかもしれない。
ジェリカンについてはこちらで詳しくレポートされています。フィギュアの情報量もすさまじいです。
[PR]
by modelersbench | 2009-02-04 21:04 | ドイツ軍ジェリカン