Modelers Bench

カテゴリ:Wingnut Wings( 1 )

Wingnut Wings

f0193485_13432335.jpg

1/32
32002 - LVG C.VI US$79.00 
32015 - Albatros D.Va US$59.00

随分話題になっていたようなので、既にご存知の方も多いでしょう。第一次世界大戦の航空機をメインに展開する新興メーカーで、昨年ニュージーランドから立ち上げられたWingnut Wingsのキット。
現在8種の機体がラインナップされており、今後も精力的にリリースされるとの事だが、今回は多彩な塗装が楽しめそうなこの2機を注文してみた。
US$59.00~79.00と決して安くは無い価格設定だが、その内容はキットはもちろんの事、高級感のあるボックスから説明書に至るまで、ガレージメーカーさながらのこだわり振りが垣間見える。とはいえレジンパーツ中心ではなく、あくまでもインジェクションキットなのだが、トイメーカーから展開されているプラモデルとは一線を画した雰囲気があり、作ってしまうのがもったいないような気分にさせてくれる。
映画監督のピーター・ジャクソン氏が中心となって創業されたメーカーで、実際のところ、かなり個人的な趣向が反映された、極めてガレージ寄りのスピリットを持ったインジェクションメーカーのようだ。

Wingnut Wings

Wingnut Wingsでは基本的にweb注文での販売に特化している。これだけ話題になったメーカーのキットにもかかわらず店頭でほとんどお目にかかれないのは、このような販売形態をとっている事が原因のようだ。
海外への注文は難しいイメージがあるかもしれないが、英文をやり取りする必要は無く、あらかじめクレジットカード情報をpaypalに登録しておけば、代金は自動的にカードで引き落とされる仕組みで、日本のweb通販と同様に注文する事ができる。
日本で代理店を通じて販売されるとなると、さすがにインジェクションキットとしては高額になりすぎる可能性が高いため、このような販路が確立されるのはありがたい。

PayPal
(日本語表示にするには、右上のEnglishを日本語に切り替えてください)

Wikipedia‐PayPalについての詳しい解説

f0193485_13545574.jpg

購入は日本のweb通販と同様、商品をショッピングカートに入れる形式で特に悩む部分も無い。
注文確定後は、注文内容の確認と後日発送のメールが送られてくる。(こちらからは特にメールする必要は無し)
その後日本へは約1週間程度で送られてくるようだが、今回は6日で到着した。
ちなみに送料は現在のところ無料となっている。

f0193485_13561435.jpg

説明書は資料本のような体裁で、全ページカラーの上、レストア車輌や当時の写真も出し惜しみすることなく掲載されており、その充実振りはプラモデルの説明書としては十分な物。
最低限の資料本を揃えるだけでも、キット並みに高額になる事も珍しくないスケールモデルにおいては、このような内容は素直に好感が持てる。
特にWW2の航空機ほど資料が豊富でない本機の場合、大いに制作の助けとなってくれそうだ。

このような資料に加えて、WW1の機体はそれ以外の時代と比較するとリリース量も少なめで、決定版的なキットが望まれていたというのも、ヒットした理由のようだ。

f0193485_13581948.jpg

エンジン組み立ての項だけでもご覧の通り、ここまで詳細な情報があれば通常作製するには何も問題は無いだろう。

同社webサイトも充実しており、説明書は全ページ閲覧可能。加えて制作の資料になりそうな写真や作例も大量に掲載されており、さらには必要な技法まで解説ページが用意されているのには驚いた。(基本色を塗ってスミ入れをしてといったようなありがちな初心者向けの解説ではなく、どれも実践的なものばかり!)
資料本として別販売されてもおかしくないレベルの内容だが、要するにこれらすべてを含めた形で一つのパッケージとしての体裁がなされているという事だろう。
高価格な設定に対して、クオリティの高いキットと十分な資料を提供する事でカバーするという方式だが、同時にそれらの付加価値によって、ブランドとしての信頼度も高められている感があり、模型メーカーに対する一つの理想像を地でいった成功例ではないだろうか。

AFVにおいても資料が同梱されたキットは稀にあるものの、特に海外のメーカーは、わかりづらい説明書が付いているだけで徐々に値上げがなされている現状を鑑みれば、これくらいの説得力が感じられる内容を心がけて欲しいところ。商業的に考えれば狡猾と言えるが、キット自体は洗練されてきているだけに雑な売り方にはもったいなく思う。

Wingnut Wingsの場合、サービス精神だけでこのような内容になったというよりは、あくまでもピーター・ジャクソン監督の模型愛が前面に押し出された結果であり、それがモデラーにとっては良質なキット&メーカーであるというふうに受け入れられたように感じられる。
模型としては高額であっても、ユーザーに対して十分納得させる事に成功しており、お互い良好な関係が感じられる数少ないインジェクションメーカーだろう。
[PR]
by modelersbench | 2010-05-05 15:10 | Wingnut Wings