Modelers Bench

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Sd.kfz.222  21.Panzer Division,North Afrika

f0193485_2134716.jpg
f0193485_21341420.jpg

予備タイヤはタミヤのキットから流用し、エポキシパテでカバーを被せて、引火し溶けて捲れ上がった様子を再現した。
タイヤは原型を留めるような形で、ゴムの部分にホットナイフで溶けたダメージを施した。
f0193485_21342369.jpg
f0193485_21343151.jpg

燃えて塗料が溶け剥がれた表現は、リキテックスのブレンデッドファイバーで造形した。

今回は塗装前にテクスチャを再現しておいたが、初めに下地を塗装しておいた上から施す方法もあるので、また別の機会に
紹介したいと思います。
f0193485_21343944.jpg
f0193485_21344758.jpg

車体上面を被せて全景を見る。前部フェンダーの厚みが気になったので、この後、真鍮板を切り出して置き換えておいた。
ライオンロアのエッチングセットにも入っているのだが、アフリカ戦に投入された222ではあまり見かけない幅広なタイプなので、
キットと同タイプのフェンダーを作製した。
f0193485_21345185.jpg

[PR]
by modelersbench | 2010-03-30 21:37 | Sd.Kfz.222

Sd.kfz.222  21.Panzer Division,North Afrika

f0193485_22262683.jpg

砲塔はライオンロアのエッチングを使用したが、砲塔リング径の差からややゆるくなるため、キットからリングのみ
移植してフィットさせた。
f0193485_22263322.jpg

フェンダーは若干角度とステーの長さ調整が必要だが、現物合わせで調節しエポキシパテで車体に取り付けた。
f0193485_22312384.jpg

エッチングはすべて半田付けで作製。
f0193485_22415634.jpg

雑具箱などのヒンジは中にピンを通すタイプとなっており、すべての蓋が可動できるようになっている。

追記
f0193485_20531678.jpg

左からホビーボス、トライスター、タミヤ
f0193485_2054739.jpg

左からトライスター、タミヤ
f0193485_22525761.jpg

8tハーフトラックの項で、Kar98kにスリングを付け忘れていたので装着しておいた。
f0193485_2253682.jpg

皮ベルトは0.5mm幅洋白帯を使用、金具は0.15mm厚真鍮板で作製した。
[PR]
by modelersbench | 2010-03-27 23:06 | Sd.Kfz.222

Sd.kfz.222  21.Panzer Division,North Afrika

今作で個人的なテーマとして挙げるのが「錆びを使わないクラッシュモデル」つまり炎上後間もない時間を
表現した情景ということになる。
同時に炎の表現として予てから試したかった方法があったため、これを機に作品の中に盛り込む事にした。

クラッシュモデルで圧倒的に多く見られるのが鎮火後しばらく時間が経過して、錆びが多く発生したものだろう。
戦場写真を見ていると実際そのような光景も見られるのだが、よく観察すると鎮火からさほど時間が経過して
いないと思われる写真が多い事に気がつく。
模型の退廃的表現として、錆びというのは一番わかりやすい記号であることは間違いない。
自分で塗装していてもつくづくそう思わせられる。
しかし、今回は個人的テーマに合わせて、そのような表現をあえて持ち込まずにクラッシュモデルを制作していく。


f0193485_21401973.jpg

f0193485_21402696.jpg

以上のようなシチュエーションから、エンジンルーム内部を見せるため、エンジンのパーツが入っている他、インテリアも
再現されている、ホビーボスのキットを選択した。
キット付属のエッチングに加え、砲塔、フェンダー、雑具箱は、ライオンロアのSd.Kfz.222 for TAMIYAのエッチングを
使用した。現在のところタミヤ用のみ発売されているがエッチングで置き換えたかった部分が、ほぼそのまま流用できる
いうことがわかり採用の決め手となった。
トライスターのsd.kfz.222はボディサイズの関係から、他社のエッチングでは流用しづらく候補から外したが、タイヤに
関しては今作において重要なポイントになると想定していたため、ホビーボスの物よりもやや大き目ながら採用した。

f0193485_21463277.jpg

エンジンはキット付属の物をベースに、ジャンクパーツやエナメル線を使いながらディティールアップした。
f0193485_2146766.jpg

ホビーボスのキットでは床面の滑り止めパターンも再現されている。ハッチを開放した状態を再現する場合
目立つ部分だが、トライスターのキットも、せっかくインテリアを付けるならば是非再現してほしかった。
或いはパターンが刻まれていない車輌もあるのだろうか。
[PR]
by modelersbench | 2010-03-25 21:56 | Sd.Kfz.222

Sd.kfz.222  21.Panzer Division,North Afrika

f0193485_14455912.jpg

今回のエントリーから、以前制作したSd.Kfz.222を紹介します。
当時撮影した写真と、同時に書いていた本文を補足しながら掲載していく予定です。
昨年12月初旬より制作開始し、約2ヶ月の期間を経て完成しました。
当ブログでは8tハーフトラックをレポートしていましたが、一方でこのSd.Kfz.222を制作していたわけです。
キヤコン出展作の予定であったため、紹介する間もないほど急ピッチで取り掛かりましたが
結果的に金賞、童友社賞、AM賞を頂く事ができ、光栄に思います。
今後も、さらに洗練された作品が生み出せるよう、精進していきたいと思います。
[PR]
by modelersbench | 2010-03-22 14:48 | Sd.Kfz.222

Sd.Kfz.7/2 with Sd.Ah.57

f0193485_206168.jpg
f0193485_2062435.jpg
f0193485_207195.jpg

アーチ状の天板の上に、荷物を積載するための枠が取り付けてある車輌があったのでプラ板で再現し、キット付属の98Kライフルと、タミヤの武器ランナーより、パンツァーファウストや手榴弾ケース等を配置した。
Flak37の弾薬ケースだが、本来は側面に4本リブが入っているため、時間のあるときにでも自作して大量に複製しておきたいところ。ちなみにドラゴンのキットにはそもそも弾薬ケースは無く、タミヤのフラックザウリアに付属しているのだが、上記のディティールは再現されていない。他のメーカーからも発売されていないようだ。
f0193485_2072659.jpg

f0193485_2081421.jpg

f0193485_20422869.jpg

f0193485_20821100.jpg
f0193485_2082927.jpg
f0193485_2035104.jpg
f0193485_2035193.jpg

エバーグリーンの3.2mmH鋼を利用し、コンテナの形状に合わせてフレームを延長。補助用の支柱を追加。
タイヤはFlak43付属のものに変更。

制作記
1.3.7cm Flak37作製
2.組立て
3.組立て+塗装(1)
4.エンジン塗装
5.組立て+塗装(2)
6.車体完成
7.3.7cm Flak37完成
8.3.7cmFlak43完成
9.車輌+3.7cm Flak37/Flak43
10.車輌+MG151
11.車輌+M55、Breda20mm
12.車輌+弾薬トレーラー
[PR]
by modelersbench | 2010-03-19 21:30 | Sd.Kfz.7/2 3.7cm Fla

Sd.Kfz.7/2 m55

f0193485_1753226.jpg

Dragon 6421 Quad Gun Trailer M55
f0193485_17542960.jpg
f0193485_17543714.jpg
f0193485_17544212.jpg
f0193485_17544819.jpg

おまけ
f0193485_22483960.jpg

ITALERI Breda 20mm AA Gun
[PR]
by modelersbench | 2010-03-14 17:56 | Sd.Kfz.7/2 3.7cm Fla

Sd.Kfz.7/2 MG151 20mm

f0193485_12264655.jpg

せっかくなのでいろいろ載せてみる事に
AFVCLUB Sd.Kfz.251/21 Ausf.D DRILLING
MG151/15 20 初期型
f0193485_12153747.jpg

f0193485_12165659.jpg
f0193485_1217118.jpg

f0193485_11442745.jpg

f0193485_1311017.jpg

砲架台は同キットより旋回式の台座を複製し、現地改造のような形にアレンジした。
f0193485_12115573.jpg

MG151/20 後期型
f0193485_121229100.jpg
f0193485_12125329.jpg

後期生産型では、機銃が15mmから20mmへ変更された。
防盾の形状も変化し小型の防盾は廃止された。同時に照準器の位置が変更になっている。
f0193485_1213518.jpg

[PR]
by modelersbench | 2010-03-14 13:31 | Sd.Kfz.7/2 3.7cm Fla

Sd.Kfz.7/2 3.7cm Flak37 /Flak43

f0193485_20105953.jpg

CYBERHOBBY 6542 Sd.Kfz.7/2 3.7cm Flak37
f0193485_2011512.jpg

TAMIYA 3.7cm Flak37搭載
f0193485_20111160.jpg

TRUMPETER 3.7cm Flak43搭載
f0193485_20121574.jpg
f0193485_20122344.jpg
f0193485_20122913.jpg

f0193485_20541921.jpg

f0193485_20133027.jpg
f0193485_20134143.jpg

f0193485_20134718.jpg

f0193485_2111988.jpg

f0193485_2015256.jpg
f0193485_20151893.jpg
f0193485_2015254.jpg

[PR]
by modelersbench | 2010-03-02 20:27 | Sd.Kfz.7/2 3.7cm Fla