Modelers Bench

Jangpanzer IV L/70

f0193485_9125793.jpg

フィギュアを制作する段階から各人の動きや車輌との位置関係をイメージしていたので、それに合わせて
ベースに仮配置し、改めて全体の構図を確認する。
発砲スチロール板に周囲を1.5mm厚の木材で囲ったものをベースとし、大きな凹凸のある部分は切削の
しやすいスタイロフォームで造形を施しておく。
今回はキヤコンの規定に従いサイズ一杯の(a)35cm×(b)25cmとした。高さは25cm以内となっている為
高さを稼ぎたい作品の場合は、予めベースを含め全体的な構図を検討する際に注意が必要。
変形サイズも可能で(a)+(b)は60cm以内であれば可と規定されている。

f0193485_91397.jpg

上記ベースの上からウッドフォルモ等を使用し地面の作製に取り掛かった。
乾燥後は泥や雪を積もらせるため、その分は控えた分量で地面を盛る。
この時点で車輌の走行跡を刻み込んでおく。
f0193485_930275.jpg

地面制作としてはI号自走重歩兵砲の応用だが、以前はほとんど雪が解けて春の新芽が出ていた情景に対し
今作では雪を多く残し、泥と共に車輌に踏み均された情景を作成していった。
[PR]
by modelersbench | 2011-02-23 22:26 | Jagdpanzer IV L/70